トラブルが起きやすい顔の脱毛に最適な方法は?

顔は体の中でもデリケートな部分でありながら、もっとも外にさらされている部分。普段から紫外線や外気によるストレスをダイレクトに受けているので、肌荒れや湿疹などのトラブルが起きやすいところです。顔の皮膚には皮脂腺も多いために、毛嚢炎のおそれも!?  それだけ顔の脱毛をする場合は気をつけなくてはいけません。
確かに、顔の産毛を脱毛すれば、顔の色つや、化粧ののりがよくなるのは事実。カミソリやシェーバーを使って、自己流で行っている人も多いでしょう。しかし、やわらかい肌に刃をあて、肌を傷つけずに脱毛するのは容易ではないこと。できることなら、避けたい方法です。
「セルフ脱毛」で行う場合は、フェイスパックを使用した脱毛法がおすすめ。これは粘着成分が塗布されたフェイスパックを顔につけ、一定時間置いた後でゆっくりとはがして脱毛します。時間もさほどかからず、なんといってもお手軽さが魅力。また「脱毛用フェイスパック」を使うことによって、古い角質や毛穴につまった汚れも一緒に取り除くことがOK。
その他に、「脱毛クリーム」を使った方法もありますが、毛を溶かす際に皮膚にかなりの負担がかかるので、敏感肌には向きません。安全性を求めるなら、「フォトフェイシャル」のように美肌プラス脱毛効果が期待できる方法。ちなみに「レーザー脱毛」は黒いものに反応するので、産毛のような白いものにはこれまた適していないのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧
カテゴリ