体毛の発育に大きくかかわっているホルモンとの関係

体毛の発育に大きくかかわっているのが、「ホルモン」です。「ホルモン」は人間の体の中の、あらゆる機能をつかさどっているほど重要な役割を担っています。

「ホルモン」とひとくくりにしても、実にさまざま種類があるのをご存知ですか? 「女性ホルモン」で代表的なものといえば、エストロゲンやプロゲステロンなど。「男性ホルモン」では、テストステロンなどがありますが、いずれも男女の性差に影響を与えることから、「性ホルモン」と呼ばれています。皮膚や毛に深く関係しているのが、この「性ホルモン」。

生まれつき体毛が濃いとか薄いとかありますよね。これも「性ホルモン」の影響です。さらに、遺伝的な要素が大きいともいわれています。また、「多毛症」といって、女性でもひげが濃くなったり、産毛が太くなったりする症状は、「男性ホルモン」や「副腎皮質ホルモン」の分泌過剰が原因のようです。逆に男性の場合は、「女性ホルモン」を補充することによって、多毛を改善できるケースもあります。

このように「ホルモン」と「毛」の関係は切っても切れない関係。毛の状態によって、健康状態を知ることも可能というわけです。
たとえば、急に毛深くなってきた女性の場合。卵巣などに病気が隠れているかもしれません。甲状腺の病気も、体毛に顕著な症状が表れることがあります。「甲状腺機能低下症」では、髪の毛、眉、陰毛などが薄くなるのも特徴のひとつ。普段、何げなく顔色や爪の状態を見ることはあっても、毛の状態までチェックするってあまりやっていませんよね?
このように「毛」との付き合い方を少し変えてみるだけでも、いろんなことがわかってくるのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
使える情報を知るリンク
  • Latest fashion wig malaysia from top brands.cheap online.Fast.discount shipping !
記事一覧
カテゴリ