一定期間が過ぎると脱落し、生え変わる「毛周期」とは?

毛は毛根の部分で作り出されて、毛穴の中を伸びてきます。ある一定期間が過ぎると脱落し、生え変わるのです。これが「毛周期」と呼ばれるもの。「毛周期」には、「成長期」「退行期」「休止期」といったサイクルがあります。全身の毛は絶えず、この「毛周期」を繰り返しているのです。今表面に見えている毛も、「成長期」であったり、「退行期」に入るところであったり、「休止期」に入って抜けかかっていたりと、それぞれ状況が異なります。

成長期

毛根部分にある「毛母」で細胞分裂がさかんに行われ、毛が日々成長し伸びていく時期をいいます。体毛と髪の毛では「成長期」の長さが違うので、伸びる長さも異なります。わき毛であれば、「成長期」が2〜3か月なので、2、3か月分ぐらいの毛しが伸びません。
髪の毛は「成長期」が1〜3年と長いので、女性は身長と同じくらいまで伸びるともいわれています。

退行期

成長を終えた毛が抜けるまでの期間です。「退行期」に入ると細胞分裂は停止し、毛穴も収縮していきます。

休止期

毛が抜けて次の成長期になるまで、活動を停止している期間です。「休止期」になると毛穴は約1/3に短縮され、やがて毛は脱落。毛根はしばらく活動を停止した後、再び「成長期」に戻って、また毛が伸び始めるのです。ちなみに、「休止期」ではターゲットとなる毛がないので、電気脱毛やレーザー脱毛はできません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧
カテゴリ